行いではなく、神の恵みによって救われる。

  • 07/26/2022
  • 04/15/2024
  • 信仰
  • 72回
  • 0件

行いではなく、神の恵みによって救われる

「救い」とは、神のさばきからの解放。
救いは、行いではなく信仰によって与えられる。

救いは行いによって獲得するのではありません。あなたが信じる前に、どのような人であったかということで決まるのでもありません。救いは信仰によってのみ得ることができます。
なぜなら、「皆、罪人として生まれる」でお話したように、私たちは自分の罪に対して無力であるからです。どんなに固い決心をしても、罪の思いを消すことはできません。また、止めようと思っても、罪を繰り返してしまう者だからです。だからこそ、あわれみ深い神は、私たちが行いではなく、信じることによって救われる道を備えてくださったのです。

「救い」は神から与えられる賜物(たまもの)。
神の霊(聖霊)によって心が新しくされることで、創造主のことがわかるようになり、信仰が与えられる。これを「新生」という。

聖霊によって新生し、救われた人は、次のことに心から同意できるようになります。

  1. キリストは天地を創造した神です。この方以外に神はいない。
  2. 自分は神にさばかれる者であった。
    しかし、キリストによる罪のゆるしを信じることによって、自分の罪はゆるされた。
  3. 創造主(キリスト)が喜ばれる生き方をしていきたい。

良い行いは救いの条件ではない。それは救われた結果生じるもの。

救われるために良い行ないが必要だとか、良い人間にならなけれいけないのではありません。
そうであるなら、誰も救われません。なぜなら、私たちは自分の力では自分の罪をどうしようも出来ないからです。(思いの中で犯す罪だけでも失格だからです。)
ですから、罪があるまま、不完全なままでキリストに罪の赦しを求めるのです。

信者であっても、生きている間は罪が残る。死後に完成される。

生きている間は、信者は完全になることはありません。罪は残ります。
しかし、信じた人は神から「義」と見なされる特権を得ます。
神との関係は回復され、神が「親しい父」となります。
そして、神は信じる人の祈りを聞き、導いてくださいます。

死後、信者の罪は完全にきよめられ、天国で永遠に生きるようにされす。

>Jesus was risen from the dead.

Jesus was risen from the dead.

イエスは言われた。
「わたしは、よみがえりです。いのちです。
わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、
決して死ぬことがありません。
このことを信じますか。」
(ヨハネ11:25〜26)