本当の幸福とは何か。

  • 07/24/2022
  • 04/16/2024
  • 幸せ
  • 55回
  • 0件

私たちは何を得れば幸せになれますか。
それらは、いつまでも私たちを幸せにしてくれますか。

私たちは、やりがいある仕事、豊かさ、健康、恋人があれば、幸せになれると考えます。
しかし、実は、これらは変わることなく私たちを喜ばせてくれるものではありません。
これらのどれも、時間の経過とともに、時には状況の変化によって喜びが失せてしまうものです。

つまり、私たちが幸せになるために得ようとしてるものは全て、一時的に幸福を与えてくれるものであって、私たちを永久に変わることなく喜ばせてくれるものではないということです。
そのようなものは、この世界には存在しないのです。

幸せが続かない原因は、私たちが生まれつき持つ「罪」です。
創造主との関係が断絶しているからです。

実は、幸せが続くことなく色あせてしまう原因は、私たち内に宿る「罪」です。
「罪」とは、この世界を造られた神=イエスとの関係が断絶していること。
その結果として、創造主の命令に従わず、自分の利益と欲望を追求して生きることです。
たとえ他の神々を拝み、熱心に仕えても、ご自身が神であることを、死と復活で証明された誠の神「イエス」を信じていないなら、
創造主との関係は断絶したままです。
また、良い行いにはげみ、人に親切にしても、心の奥深くに罪の思いが存在していて、ちょっとしたきっかけでそれらが言動に現れてしまうことを、自分の心を内省するならば、皆気付くはずです。

今までお話して来ましたが、わたしたちは皆、「罪」を持って生まれてきます。
その当然の結果として、ウソをついたり、ねたんだり、盗んだり、暴力をふるったりするのです。

性犯罪、パワハラ、モラハラ、夫婦、親子、国家間の争いの全ての原因は、人間の罪にあります。
各人が罪に惹(ひ)かれて、自分の利益や欲望を優先し、神の命令に背きいて罪を犯すために、これらの問題が起きているのです。

また、この世でいつまでも変わらないものはありません。健康も、家も、車も、知識ですら、時代とともに色あせて価値のないものになっていきます。ですから、私たちはこれらによって幸福を得ようとしても、いつか満足できなくなる時がくるのです。

さらに、私たちには「死」に対する恐れがあります。

初め、人間は死ぬようにには造られていなかったと聖書は語っています。
ところが、「神がはじめに造った人」が神の命令に背いた時、人の心に罪が宿るようになりました。
神は、罪を宿した人間が永遠に生きることを禁止されました。それで、「死」がはじまったのです。
なぜなら、罪びとが永遠に生きるなら、この世は罪に満ちた世界になってしまうからです。
全人類は、神に背いた「初めに造られた人」の子孫だと聖書は語っています。ですから、この世に生まれて来る全ての人には、はじめの人が宿した罪が遺伝的に引き継がれています。
このことが事実である証拠として、この世で罪の全く罪を犯さない人は1人もいません。

聖書は、「すべての人は死んで後、神のさばきを受ける」と語っています。
私たちは皆、死後、生きていた間の行いや思いに応じて神にさばかれます。
生きている間に、罪を犯さない人は1人もいません。ですから皆、罪責感を心に抱いています。
私たちは、自分に対する神のさばきを無意識のうちに予感して、死を恐れているのです。

キリストは「罪」と「死」の問題を解決できる唯一のお方です。

「死」の問題を解決できるのはキリストのみ。

キリストは、信じる人の罪をゆるすために、身代わりとなって罪の刑罰を受けられて死なれました。
キリストの罪のゆるしにあずかるなら、あなたの罪は完全にゆるされます。
あなたは死後のさばきをのがれることができます。それだけではなく天国が約束されます。
キリストが復活された時に持っておられたと同じ、もはや朽ちることのない体が与えられて、
罪のない世界で永遠に生きることになります。
ですから、もはや死を恐れる必要はなくなります。なぜなら「死」は天国の入口だからです。
罪のない病のない世界で永遠に生き始めることだからです。

「罪」の問題を解決するのもキリストだけ。「罪」が隔てていた神との関係が回復される。
神はあなたを導き、あなたは神に祈ることができるようになる。

救われた後、あなたは神の力によって変えられていきます。これを聖化といいます。
これは、信じることができた時に与えらえた聖霊の働きによるものです。
(これについては今は説明は省略します)


神は、あなたの創造主です。あなたの能力や限界を良く知っておられます。
イエスを信じたことによって、創造主なる神とあなたとのへだたりはなくなりました。
神はあなたを導き、あなたは神に祈ることができるようになります。
うれしい時も、かなしい時も、病気の時も、神はあなたを離れることなく導き続けてくださいます。

たとい主があなたがたに、乏しいパンとわずかな水とを賜わっても、あなたの教師はもう隠れることなく、あなたの目はあなたの教師を見続けよう。
あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから「これが道だ。これに歩め。」と言うことばを聞く。イザヤ書30:20-21

本当の幸福とはいったい何でしょうか。

本当の幸福とは、キリストとともにある人生を歩むことです。

本当の幸福は、キリスト無しにはありえません。
キリストは、復活され、ご自分が神であることを証明されました。この世界を造られた神です。
そうであれば、その方を無視して生きることで幸せになることはできません。

本当の幸せとは、神との平和が実現し、神に義と見なされる特権を得て、神と共に生きることです。
キリストは「信じる者の罪をゆるす」ために、御自身の命を捨てられた、愛なるお方です。

キリストは、私たちの人生に永遠の益をもたらすために、ときには訓練し、慰めを与えるお方です。
本当の幸福とは、この愛なるキリストの御手の中で、安心して生きることです。
神は、自分のむなしさに気がついた、心砕かれた人を愛されます。
ですから、罪があるままで、弱いままで、大胆に神に近づこうではありませんか。

そして、ご自分を信じた人に対して、キリストは次のように言われます。
わたしは決してあなたを離れずあなたを捨てない」(ヘブル13:5)

「わたしはその人たちを終わりの日によみがえらせます」(ヨハネ6:40)

「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」ヨハネ11:25-26

あなたも、「本当の幸福」を知ることがでるように、トリニティーグレース教会は祈っています。

もっと知りたいと思われた方は、トリニティー教会にご連絡ください。

キリストがしてくださったこと、教えてくださったことが聖書には書かれています。
聖書は、信じる人々を喜びで満たし、永遠の命の確信を与えます。
トリニティー教会はあなたのお越しをお待ちしています。

 

>Jesus was risen from the dead.

Jesus was risen from the dead.

イエスは言われた。
「わたしは、よみがえりです。いのちです。
わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、
決して死ぬことがありません。
このことを信じますか。」
(ヨハネ11:25〜26)